flower_clover.png

​過活動膀胱の症状

・トイレが近い
・トイレが我慢できない
・尿が漏れる

flower_clover.png

過活動膀胱の原因

膀胱は伸び縮みするゴムの袋のようなもので、尿がたまってくると膀胱内の神経が反応し脳に伝わることで尿意を感じます。加齢とともに膀胱の伸び縮みが鈍くなっていくことで排尿障害が生じます。また膀胱内にあまり尿がたまっていないのに膀胱内の神経が反応してしまい尿意を感じてしまいます。そうすると尿があまりたまっていないのにトイレに行きたくなるがトイレに行ってもあまり尿がでない、トイレにたどり着くまでに漏れてしまうということが起きてしまいます。男性の場合は前立腺肥大症が原因であることが多いですが女性は加齢によることが多いです。女性は男性と比べて尿道が短いですので尿もれ症状を伴うこともあります。

flower_clover.png

過活動膀胱の診察

まずは尿検査で膀胱炎などの尿路感染がないか、エコーで膀胱に腫瘍や結石などの異常がないか、残尿はないか確認します。日常生活において排尿日誌をつけることで飲水量が多くないか、どのくらいの頻度でどのくらい排尿しているのかを客観的にチェックすることができます。

flower_clover.png

過活動膀胱の治療

治療としてはまずは薬物療法になります。β3作動薬が比較的副作用が少なく使いやすいですがその他に抗コリン薬も使用できます。どちらも膀胱の収縮をおさえ膀胱を弛緩させることで膀胱内容量を広げて尿の間隔を延ばせます。その他にも漢方薬での治療、膀胱訓練、骨盤底筋体操での治療も有効です。